忌避剤 ~ネズミを追い払う薬剤や装置について~


忌避剤は、ねずみを捕獲したり殺傷することを目的とした物ではありません。駆除後に使われることの多い、ねずみの侵入を防ぐための薬剤です。侵入経路に忌避剤を使用すると、ねずみの嫌がる匂いや成分で追い払うことができます。

この薬剤の便利なところは、ねずみの被害から直接的に家屋を守ることができるという点です。かじられては困る配線や家具はありませんか?そんなところにはあらかじめ忌避剤を散布しておきましょう。すると、ねずみは近寄らなくなります。ただ、この忌避剤、長期間は持続はしません。時間が経過したときには再び処理をする必要があります。

忌避剤には、いろいろなタイブがあります。

・スプレータイプ

直接スプレーし、追い払うための物で、ねずみの現れそうな場所にかけると、近づかせない効果も合わせ持っています。即効性はありますが、残念ながら効果は長くは続きません。

・設置タイプ

現れそうな場所に設置して、ねずみの嫌がる臭いで侵入するのを防ぎます。永続的な効果はなく、薬剤の交換が必要です。

・くん煙タイプ

煙を発生させ、それが届く範囲に忌避剤を充満させます。広範囲への効果が期待できますが、使用する際は火災報知機やコンピューター機器、子供のおもちゃやペット用品、食品などにかからないように細心の注意をはらってください。

また、最近ではこのねずみ忌避剤があらかじめ入っているケーブルなども販売されるようになりました。いかにねずみによる配線被害が多いかを如実に語っていますよね。

さて、これは薬品ではありませんが、大くくりで言えばこれも忌避に使えるという機器があります。それは超音波でねずみを追い出す、超音防鼠機器です。

まだまだ開発の余地があるためか、その効果への専門家の評価は定まっていないということ状況です。また、人体には無害のはずが、機器によっては聴力の優れている人の耳に聞こえる場合もあり、不快感があるようです。一方で、設置後いつのまにかねずみの足音が消えたという声もあり、捕獲したねずみを処理する負担がないことから人気が出てきています。

ただし、ねずみは順応力が高い生き物で、エサの豊富な居心地のよい住処と判断した場合は、多少の不快さを乗り越えて繁殖していきます。全く意味のない超音波機器をねずみに効果があるとしていた業者がいた例もあり、購入者の判断が必要な場合もあるようです。

●業者さんに聞いてみた!

管理人が依頼した駆除業者さんでは、忌避剤の類は使っていないようでした。また、超音波機器には懐疑的な印象で、このへんは業者さんによっても意見が分かれているようです。

述べたように忌避剤の効き目は恒久的なものではないので、あくまで補助的な位置づけと考えておくといいでしょう。

スポンサーサイト